定 時 社 員 総 会 開 催


 平成30年6月8日(金),鹿児島市与次郎の「ホテルウェルビューかごしま」において当公社の定時社員総会が開催され,社員数49団体のうち37の団体が出席しました。

 はじめに、鹿児島県森林整備公社専務理事の𠮷野純一があいさつしました。


森林整備公社は,設立以来,土地所有者との分収契約に基づき,森林の有効利用,中でも人工林の造成に尽力して参りましたが,経営は,これまでの投資から,次第に回収の時代へと移っていくものと考えております。こうした中,29年度については,27年度の台風災害復旧事業が終期を迎え,さらに皆伐による生産活動が活発化していることなどから,収入源となっている間伐材などの生産量について,前年度を大きく下回るのではと心配いたしておりましたが,前年度発注などに取り組み,さらに関係する皆様の絶大なご支援もありまして,過去最高の販売実績を上げることができました。 なお,当公社は,経営の安定や自然環境の保全などの観点から,引き続き,間伐を主体とする事業展開となりますが,課題となっています労働力の掘り起こしや育成については,事業実施規模の多様化と併せた,ランク別入札指名制度を導入するなど,取り組みを強化したところであり,こうした取組は,社員であります各市町の体制強化にもつながるものと考えております。 また,経営改善をさらに前へ進めるため,昨年度は,各分収林における「経営区分」の設定や,取り扱い方針等の検討を行ったところであり,30年度からは,これに基づいた新たな事業展開も進めることとしております。今後とも,皆様のご支援,ご協力を賜わりますよう宜しくお願いします。 最後になりましたが,本日ご列席いただいた皆様方の御健勝と,今後のご活躍を祈念しまして、挨拶とさせていただきます。



  次に議案等について審議が行われ,全て承諾されました。

  第1号議案 平成29年度事業報告及び決算の承認について (H29事業報告) (H29収支決算)
  第2号議案 平成30年度借入金最高限度額の承認について
  第3号議案 理事の選任について
  報告事項  (1)社員総会の決議の省略について
          (2)平成30年度事業計画,収支予算等について (H30事業計画) (H30収支予算)